伊予史談会

伊予史談会は、大正3(1914)年に創立された郷土の歴史・地理の私立研究機関です。
地域の歴史と地理に関心がある人であれば、県内外を問わず誰でも入会することができます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 伊予史談会双書の販売について

次の1から26までの史料集を販売しています(書名、本文ページ数、本体価格の順)。

 

1 愛媛面影 232p、2200円

2 今治夜話・小松邑志 265p、2200円

3 四国遍路記集 325p、2600円

4 伊予の古城跡 358p、2700円

5 予章記・水里玄義 217p、1900円

6 北藤録 261p 2300円

7 大洲秘録 276p、2300円

8 予松御代鑑 268p、2000円

9 松山町鑑・三田村秘事録 196p、1600円

10 積塵邦語・大洲随筆 240p、1800円

11 西海巡見志・予陽塵芥集 200p、1600円

12 垂憲録・垂憲録拾遺 198p、1600円

13 却睡草・赤穂御預人始末 232p、1800円

14 一遍聖絵・遊行日鑑 304p、2300円

15 予陽郡郷俚諺集・伊予古蹟志 206p、1600円

16 大洲藩領史料要録・大洲領庄屋由来書 206p、1600円

17 諸事頭書之控 207p、1600円

18 越智嶋旧記・澄水記 196p、1600円

19 松山藩役録 323p、2400円

20 手鑑・膾残録 221p、1700円

21 古今記聞 300p、2400円

22 伊予和気久米郡手鑑 285p、2400円

23 高串土居本清良記巻七 283p、2000円

24 伊予国地理図誌(東予) 272p、2000円

25 伊予国地理図誌(中・南予) 319p、2300円

26 伊予国藩政期史料集 198p、2000円

 

送料は、1冊300円です。

伊予史談会より直接購入することを希望される方は、郵便振替にて御送金ください。

郵便振替の払込取扱票に住所・氏名・電話番号を明記し、下のとおり御記入のうえ、

郵便局より送金してください。

口座番号 01610−7−38344

加入者名 伊予史談会双書

通 信 欄 購入希望双書名、冊数、本体価格+消費税+送料

 

 

2冊以上お申込みの場合は、

史談会連絡先( yuyama@rice.ocn.ne.jp )

に書名、送付先等を明記の上、お申し込みください。

| - | - | 07:11 | category: 刊行物紹介 |
# 創立100周年記念出版「絵図及び図録」の販売
伊予史談会では、創立100周年を記念して「絵図及び図録」を販売します。
「絵図及び図録」は、次の3点セットです。

(1)元禄期とされる伊予史談会旧蔵の松山城下町絵図1枚(複製彩色、102×71 僉
(2)文久期の伊予史談会所蔵の松山城絵図1枚(複製彩色、102×71僉
(3)伊予史談会所蔵の絵図37枚を掲載、解説した図録『伊予史談会所蔵絵図集成』 A4判横、53ページ(松山領地図、明治維新支配所地図、寛永幕府隠密図〈今治城・松山城・宇和島城・大津城・高松城・高智城〉、松山城下町図〈寛永・延宝・正徳・寛政・文政・嘉永。幕末〉、松山城三の丸図、石手花畑図、東野吟松庵図、宇和島城図〈承応・元禄・幕末〉、三津浜図、江戸松山藩屋敷図、大坂城図など)

絵図集


〇 販売価格3,350円(絵図及び図録3,000円、送料350円)
〇 分売はいたしません。3点セットのみお申し込みを受け付けます。
〇 申込方法
  郵便局で、郵便振替の払込取扱票に次のとおりご記入のうえ、郵便振替で送金してください。払込手数料は別途ご負担ください。領収書は郵便局の払込受領証とさせていただきます。
 ・口座番号 00960−1− 31685
 ・金  額 3350
 ・加入者名 伊予史談会
 ・通 信 欄 絵図図録申込 
 ・払込人の住所・氏名・電話番号
〇 受付後、3週間以内に「絵図及び図録」を郵送します。
〇 在庫(300部)がなくなり次第、通信販売を打ち切ります。なお、平成25年10月末までにお申し込みください。それ以降は、郵便振替で申し込みがあっても送付しません。

伊予史談会へのご入会も受け付けております。上記の郵便振替口座にて、通信欄に「入会希望」とご記入の上、年会費3,000円を送金してください。折り返し、当該年度の会誌を送付します。
 
| - | - | 09:22 | category: 刊行物紹介 |
# 伊予史談366号


伊予史談366号が刊行されました。
内容は以下のとおりです。


2012年7月1日発行   750円(本体715円)


天正期以降の村上吉継・吉郷とその子孫たち   山内 譲


初期松山城縄張考   藤田 達生


伊豫国の俵物(煎海鼠・干鮑・鱶鰭)生産過程について(下)   門田 恭一郎


宝暦明和期における宇和島藩の遍路統制について    井上 淳


史料紹介
らい病の行き倒れ遍路資料の紹介−古三津村文書より−   村上 和恵


新刊紹介   編集部



郷土その日その日   編集部



例会記事

 
| - | - | 12:55 | category: 刊行物紹介 |
# 『古代・中世伊予の人と地域』刊行のお知らせ

本表紙

  伊予史談会では、このたび関奉仕財団からの助成を得て、『古代・中世伊予の人と地域』と題する図書を刊行しました。
 古代・中世の伊予には、特色ある活動を展開した数多くの人物や一族が見られます。本書は、これらの人物や一族の日本史上での活躍や、地域社会とのかかわりについて叙述したものです。それによって、古代・中世伊予の地域社会としての特質、またその日本史上の位置などについて考える手がかりを提供することができるのではないかと思っています。
 本書の内容等は、以下のとおりです。伊予の人物史・地域史に関心のある会員の皆様に是非ご購読いただきたく、ご案内を差し上げる次第です。


編集 
伊予史談会常任委員(松山大学教授) 山内 譲

内容と執筆者

第1章 遣唐使越智貞原の軌跡        白石成二 

第2章 藤原純友の視線            岡田利文 

第3章 河野通有の実像            久葉裕可 

第4章 一遍の風景―畿内・播磨の旅―   山内 譲 

第5章 忽那氏の海上支配           山内治朋 

第6章 海賊衆村上通康と河野氏       山内 譲

第7章 金子元宅と戦国期の地域社会    桑名洋一 

第8章 中世伊予地域史料の研究       土居聡朋
        ―肖像画・棟札・大般若経―


  (A5判 312ページ)


価格 
 1,000円(税込み)

購入方法
毎月の例会の会場で直接購入することができます。
郵送の場合は、下記の口座へ1200円(定価+送料)を振り込んでいただければ折り返しお送りします。
  加入者名 伊予史談会
  口座番号 00960−1−31685
  (通信欄に「古代・中世伊予の人と地域」を希望、とお書き添えください)
    
   

| - | - | 09:34 | category: 刊行物紹介 |
# 伊予史談会双書第25集

伊予史談会双書第25集

『伊予国地理図誌』

伊予史談会双書の最新刊。
「第25集 伊予国地理図誌(中・南予)」は、2009年11月に刊行され、販売中です。

本文319頁。本体価格2,300円。送料310円。


明治5年陸軍省布達をうけて石鐵県時代に半井梧菴が編纂をはじめ、明治8年に完成した、最初の近代愛媛の地誌。県内各地の景観図・絵図を掲載。


伊予史談会双書を本会より直接ご購入を希望される方は、郵便振替にてご送金ください。
郵便振替の振込取扱票に住所・氏名・電話番号を明記し、左のとおりご記入の上、郵便局より送金してください。

  口座番号 01610−7−38344
  加入者名 伊予史談会双書
  通信欄    購入希望双書名・冊数・本体価格+消費税・送料

| - | - | 10:11 | category: 刊行物紹介 |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
ブクログ
Search this site
Sponsored Links